中年サラリーマン パチンコ・パチスロ依存症からの脱出

40代のサラリーマンがパチンコ・パチスロの依存症から脱出するまでの軌跡。抱えてしまった多額の借金!パチンコとパチスロを憎み、この業界を憎む。一人でも被害者を出さないために。ブログを書く

閉店前三十分に当たりまくる 卑怯

f:id:stopachinkoslot:20180515231224j:image

 

それを偶然というのか、必然と言うのか。

ラスト三十分に当たりまくる理不尽。

 

普通に打ってるときは当たらない癖に何故か閉店前になると、やたらと当たる。

ARTは上乗せしまくる。

パチンコならば連チャンが止まらなくなる。

ラスト三十分の驚異的な当たり方。

オカルト?

 

違うわボケ!!

ある時は自分の馬鹿げたヒキ。普通のときに当たらないくせにこういう時はバカスカ当たる。

後は店がそうやってんの!悔しがらせる為に!!馬鹿じゃないの?

 

閉店を迎えたらそれ以上は伸びないわけだから!

あと一つは閉店間際はパチンカスどもみんな家に帰る。

夜の十時を回って打ち続ける愚かさ!それを解ってる多少賢い奴らはさっさと帰る。

所が依存症のアホはこの台は高設定だ!!なんてノコノコやってくる。

まさに愚かの極み!!たまたま当たったところで多少の負けを取り戻せたかも知らないが実はリスクの方が遥かに高い!!

本来ならば大勝ちをできる所を多少の勝ちで終わる。

 

勝とうが負けようが、閉店間際に打つ愚かさ!損をしている!運を逃している!

バカの極みだ!気付けよ!バーカ!!

パチンコは最悪の遊びだ!止まらないループ。


f:id:stopachinkoslot:20180511225037j:image

勝ってしまうとまた行きたくなる。

2万勝とうものなら20000円は負けても良いと勝手に思う。

そして三万負ける。結局マイナス。

 

しかし凄いのがどんなに負けても構わずにパチンコに行く事だ。バカの極みとしか言いようがないが、行きたくて行きたくて行きたくて行きたくて仕方がなくなる。

この恐ろしさは他ではない。余りにもつらく悲しい感情。

 

パチンコの玉が吸い込まれる。真ん中のチャッカーには入らない。もう早く終わりとたいという思い。終わらないという思いが交錯する。

人生の無駄、生きてる価値が無くなる。でもやれめられない、負けたら取り返しに行く、勝ったら負けてもいいからと行く。

狂ってしまった。

一生幸せにならない無限の地獄ループ。

自分が死ぬか、パチンコが滅ぶかのどちらかしかない。

それが依存症の実態。リアルな姿だ。

 

ギャンブル依存症の成れの果て これが厳しい現実

f:id:stopachinkoslot:20180426113602j:image

友人に日雇い軽作業の派遣をやっている奴がいる。

そいつから聞いた話。

日雇い派遣は必要な時に必要な人数を派遣する業務だ。男の作業者が多いが、中には女もいるそうだ。

学生の日雇いとかも居るが、一人の男の話を聞いた。

当時俺は稼いだ金をとことんパチンコとかスロットに使っていた。戒めのつもりだったのか、こんな話をした。

 

友人は言うには、その男は元はサラリーマンだったそうだ。

週に2回か3回日雇いの仕事を求める。ある日住所が書かれている地名はどうやらその男が昔住んでいた所で、今はホームレスである事が分かった。

友人は分かったが特に何も言わなかったそうだ。

その男は、昔は結婚していたらしいが、借金がバレてケンカの流れで離婚、原因がパチンコとかスロットで作った借金だった。

親からも勘当され、親戚や友人はみな離れていった。

男は気がついたそうだ、スロットやパチンコ屋にいる友人のような奴等は友人では無く、単なるパチンコ屋の知り合い、それ以上の付き合いもなく、友人でも無いから同情もしなかったらしい。

家を追い出されたといっても「大変だね」という程度だそうだ。

男はパチンコ、スロットで作った借金があった。だが、間もなくしてうつ病の症状が出てきた。

 

唯一の支えであるはずの家族からも捨てられ、自信を失い方向を見失った。助けを求める先は家族以上の人など居なかった。

家族に合わす顔がないと男は、行き場をなくし、ネットカフェに通いだした。

だが、もともと金など無かった男は、家族の留守に家に戻り、金目の物を探した。

だが男の暮らした家には金目の物はなかった。

妻は既に出ていっていたからだ。実家に帰ったのだろう。

 

男は居なくなった妻を思い出し初めて自分の愚かさに気がついた。そしてパチンコやスロットの恐ろしさと、自分自身への後悔が男を襲った。

 

男は衝動的に自殺を図ったそうだ。理由はただただ悲しかったから。そして自分を許せなかったから。

だが、男は死にきれなかった。救急病院で目覚めた男は家族への連絡も拒否された事を知る。

男はうつ病と診断された。しばらくの入院だが、金はない。病院からは出て行けと言われた。仕事はその間にクビになった。

男は行政を頼ったが、生活保護や一時シェルター等の手続きを、しっかりと受けなかった。

自分にその資格はないと思ったからだ。いつも死にたいと口にした。

だが医者にかかるにも助けてくれる人もいなかった。

 

男はホームレスになった。ホームレスの男はすべての興味を失った。もはや死のうとする気力も無かった。

ある日、外国人に家電を、買うのに並ぶだけで1000円やると言われた。

男は先頭に並んだ。店先で一晩過ごした。午前十時に外国人に1000円もらい。開放された。時給100円以下。男は自分の価値を知った。

 

ある日男は酔っ払いから財布を盗み逮捕された。初犯で不起訴となったが、そこで初めて行政から本格的に支援受け始めることになる。犯罪をおかしてようやく救われたのだ。男は犯罪者だ。今でもネットカフェにくらしていて、たまに軽作業の仕事をする。軽作業は日給6000円〜8000円

 

友人はこう言う「哀れではあるが、自業自得だろ。それにこういう奴はバックレる事が多い。」

最後にこう言った「お前もパチンコとかスロットよくやってるけど、こうなりたいの?結構おおいぞ?底辺の人間てのはこういう奴らだ。こうなったら終わりだよ!」

 

友人は俺に対しても、哀れんでいた。パチンコとかスロットしたけりゃやればいい。だが、そこに幸せは絶対にない!依存症は愚かな人間だからだ。

負けた分を取り戻す 取り戻せるのか!?


f:id:stopachinkoslot:20180418214826j:image

バーカ!!頭悪すぎる!できるはずねーだろ!!

 

一番考えてはいけないことだ。負けたぶんをとりかえす。

絶対に取り返せない。さらなる負けを呼ぶ。

確率論なら絶対数をこなせば、収支は一定になる。ところがそうならない。

負けを取り返そうとさらなる負けを繰り返して結局絶対に取り返せない程の負けを繰り返す。

 

例えば20万負けたら取り返す事などまず出来ない。朝から晩まで打たないと無理だ。

そうすると依存症は馬鹿だから。何故かカウントがゼロに戻る。

そしてまた小さな負けを繰り返し、取り返そうと大きな負けを負う。

それは負けだが、店側から見れば実に美味しい客だ。

依存者ほどおいしいと思える客はいないだろう。

負けを取り戻す。最後は警察沙汰になるまでお前は負け続けるのかよ?バカなんだから少しは自覚しろよ!!バーカ!!

パチンコ依存格言 依存症は嘘つきの始まり


f:id:stopachinkoslot:20180413002420j:image

本日の依存症格言

 

依存症は嘘つきの始まり

 

嘘つきは泥棒の始まりと聞いたことがあるだろうか。これはその前の話。

依存症になるとスロットやパチンコを打ちたくて嘘を付き始める。

今日は仕事だから、急に予定が入ってしまって、本の些細な嘘。

けれどもその嘘が当たり前になって行く。

そして有名なので「嘘つきは泥棒の始まり」となる。

 

嘘つきになり、そこから泥棒になる。つまり犯罪者になる。人生の破滅だ。

他人の財産を奪う。あってはならない事だ。だが依存症になるとつまり犯罪者になる。

 

覚えておけ!オマエラは沢山の戻れるチャンスを潰してきた!もう言い訳なんて出来ない!お前らのせいだ!

自分で終わらせろ!犯罪者になるな!

全てはパチンコをやったせいだ!スロットを打ったせいだ!

わかったかよ?犯罪者!?生まれてこなけりゃ良かったのにな。そう思うならもう止めろよ!クソみてーなパチンコとかスロットみたいな卑怯なギャンブルはよ!!

家族にバレずに借金返済方法!

f:id:stopachinkoslot:20180405161731j:image

家族にバレずに借金を返済する方法。

 

 

 

そんなもんねーよ!バカ!

 

頭悪すぎる!自分で作っときながら困ったら誰か助けてくれるとか思ってんじゃねーよ!甘すぎるんだよ!!

 

 

 

 

借金を抱えてしまったやつ。

その借金は住宅ローンや車のローンでも無く、ギャンブル、特にパチンコとスロットによって作られた借金だ。

家族に言えるものではない。自業自得の借金だ!それを一人の力で返すとか寝言言ってんじゃねーよ!

 

債務整理するにしても、自己破産するにしてもお前の築いてきたものすべてを失う覚悟を持て!それだけの事をした!

 

依存症の場合は、パチンコで負けた借金だからパチンコで返す!とか考えては更に負ける。勝てるわけねーだろ!

 

パチンコとかスロットは負けて楽しむものだ!それもできねー癖に!パチンコとかスロットやってんじゃねーよ!都合良すぎ!

 

バレない様に借金返す事なんてできねーよ!考えろよ?頭わりーな実際!!

それでもまだパチンコとかスロットやりたいとか、イカれてんな。

 

まずはパチンコとかスロット似、関わるのをやめたら考えれば?元々バカ何だから2つのことをやれないから!!

ギャンブル依存症の借金返済方法 その五 債務整理


f:id:stopachinkoslot:20180402235221j:image

依存症の人間は頭が悪いから借金を抱えるまでパチンコとかスロットにハマってしまう訳だが単純に意思が弱いのは簡単に理解できると思う。

さて、そんな依存症も気が付くだろう。パチンコとスロットさえやらなければ、意外とお金は減らない事。意外と好きな事をすることが出来て、意外と買い物も貯金もできる事を。

だが借金を抱えてしまった依存症の場合は貯金じゃなくて返済になるのだが。

そして返済している内に気が付くだろう。あれだけ必死に稼いだ金をなぜパチンコやスロット如きに使ってしまったのだろうかと。

後悔は怒涛の如く、自分に襲いかかる。

惨めに生きていくしかない自分の身を呪い、恨みながら生きていくのだ。

だが、その程度の価値しかないのだから仕方がない。依存症は犯罪を犯す予備軍であり社会になんの貢献もできない訳だから、生きている価値は低い。

だが、彼らはパチンコと出会わなければもっとマシな人生。いや、幸せな人生が歩めたはずだ。

では、その本来歩むべき道へ戻る手立ては前の記事でも述べたとおりに、借金を纏めたり、借り換えたりして負担を減らす事だ。

 

だが、ここからは自分の力ではどうにもならない依存症だからこそ考える必要がある。

「債務整理」だ。

借金の一部を整理して返済額を減らす方法だ。当然ペナルティもある。だが、自分が巻いた種である以上ペナルティは受け入れろ。

弁護士に相談して手続きをするのだが、割と一般的な手法だ。

やり方は専門的なサイトが沢山あるのでそちらで調べれば良い。

言いたい事は、なんのリスクもなく借金の返済を減らせると思うなよ!依存症はバカなんだから弁護士に泣きつけばいい。

お前よりも若い弁護士が蔑みながら相手になってくれるはずだ。(笑)

彼らも商売だからお前らみたいなクズみたいなのと知り合いたくも無いとは思うが仕事だからと割り切って話を聞いてくれるぞ。

初回は数千円とか初回は無料とかもある。まあ、人生の敗北者として、泣きながら請えよ。

「先生!助けてください!」てな。

無様なことこの上ないし、恥ずかしい、みっともない!だがそれがお前ら依存症には丁度いい。というか、人間扱いして貰っているだけありがたいと思えよ。

本来なんの価値もない事を忘れるなよ。

小学校、中学校のクラスであったら、オタクグループの更に下の階層だからな。(笑)

そこを忘れないように!!

お前らなんて存在しなくても良い程度の人間なんだから!!