読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳サラリーマン パチンコ・パチスロ依存症からの脱出

40歳サラリーマンがパチンコ・パチスロの依存症から脱出するまでの軌跡を書き残します。抱えてしまった借金総額280万円。なんとかこれも返済する方法を含めて考えていきたいと思います。

スロット、パチンコは暇つぶしではない

暇つぶしをする為にパチンコにいく。

 
f:id:stopachinkoslot:20170416204726j:image

 

数ヶ月に一度とかならば、たしかにそうかもしれない。

 

だが依存症は違う。何かしらの理由を探す。パチンコに行くのが当たり前というか、前提であり、他の用事は後回し。

 

土日問わず暇さえあれば、パチンコ屋に向かい。用事があっても、パチンコ優先である。

例えば夜の七時に約束があったとしても、六時半までは続ける。

 

もし連チャン中なら約束は守らない。遅刻は当たり前、なぜなら優先がパチンコだから。

 

間違ってる事に気付くのはまだまし。依存は頭で分かっても心がそれを許さない。

 

病気とはこういう事を言う。