中年サラリーマン パチンコ・パチスロ依存症からの脱出

40代のサラリーマンがパチンコ・パチスロの依存症から脱出するまでの軌跡を書き残します。抱えてしまった多額の借金!なんとかこれも返済する方法を含めて考えていきたいと思います。

ギャンブル依存のキッカケ ビギナーズラック


スポンサードリンク

よく聞く話で依存症になったキッカケは?と言うと大概、初めて打ったときに訳もわからず大勝ちしてしまい、抜け出せなくなった。

 

こう言う言い回しを聞いた事は無いだろうか?

 


f:id:stopachinkoslot:20170425222740j:image

 

これは半分ほんとだが、殆どはイメージだと思う。

 

依存症でないなら、あんなのに、数千円、数万円入れることすら恐ろしいと思う訳だから、そもそも1000円入れただけで、もうドキドキしてるわけだ。

 

そこにたまたまあたりが来る。

初めての人は投入額も、換金額も基本的に小さい。少しでも勝つとすぐやめるわけで、数千円勝っただけで大騒ぎする。

 

だからビギナーズラックとか言い出す訳だ。

 

だが、それは最初だけ。

1000円入れただけでは当たらないことを知り、バックは数万円単位、運が良ければ十万円を超える事があるのを知るとなかなかやめられなくなる。

 

ビギナーズラックとはつまり、単なる慣れてない人がたまたま当たった必然である。

 

では当たらなかった人はどうなったか?私の競馬と一緒で何が楽しいのか分からん。と言って行かなくなる。それだけ。

 

結局、パチンコもスロットも、最初に勝ってしまったらハマってしまう可能性が増してしまう。

 

恐ろしい戦略を感じる!人間の弱みに漬け込むそのシステム、悪魔のシステム、卑怯な思考に基づき構成されている。

 

そしてハマるのは、依存症の素質のある弱い人間のみだ。

 

一見勝ったかに見えるビギナーズラックは、大いなる負けの序章である事を知って欲しい。

 

とにかく近づかない事をお勧めする。

煽る雑誌も漫画も全て嘘だから!裏で操作されても、法律違反とはならない、客側絶対不利な遊びだ!

 

 

分かれよ!あほか!!