中年サラリーマン パチンコ・パチスロ依存症からの脱出

40代のサラリーマンがパチンコ・パチスロの依存症から脱出するまでの軌跡を書き残します。抱えてしまった借金総額280万円。なんとかこれも返済する方法を含めて考えていきたいと思います。

今日もまたパチンコ、スロットに勝ってしまった。


スポンサードリンク


f:id:stopachinkoslot:20170608104507j:image

 

パチンコで勝ってしまったではなく、パチンコに勝ってしまった。

 

違いがわかるだろうか?

 

正確に言うのであれば、パチンコ、スロットの依存に勝ったと言う事である。

 

パチンコ屋からすれば、依存症であった私は上顧客な訳だ。だって馬鹿みたいに毎日やってきて朝から晩でスロット、パチンコ!パチンコ屋に入り浸りたんまりとお金を落としてくれる。

 

2日で3万負けさせて、たまに一万勝たせる。土日なんて下手すりゃ5万、6万負けてくれるときもある。

普通の人間なら嫌気が差して、店に行かなくなるものだが、依存症は違う!

勝ったら、また勝ちたくて行く!負けたら悔しくて行く!トントンなら白黒付けたくて行く。

 

つまり選択肢がパチンコ屋に行くの一択しかない。店も当然理解してるから、コイツはいくらでもつぎ込むアホだとわかっている。

 

だから他の奴が当たっても依存症はより厳しい出玉でも止めない。店はこんなに美味しい客からトコトン搾り取れるわけだ。

 

依存症は多分店は分かっている。なんならパチンコ業界でデータベースに登録されているかも知れない。

だから徹底的に搾り取る訳だ。店は客から巻き上げれば巻き上げるだけ利益!そして自分の給料になるから、美味しい客は逃さない!

 

俺はふざけんなと言う怒りの負けで、依存症の自分に腹が立ち止めたのが、2017年1月初め。

 

かれこれ半年近くホールに言っていない。パチンコ屋の奴らの声が聞こえてくるようだ。

 

パチンコ屋の心の声

A おい、そーいやあいつ最近こねーな。

B ああ、確かにこねーな。困るんだよねー。毎月十万の売上はアイツからだったのに。

A  なんでこねーかな?筋金入りの依存症だからやめるとかはありえねーと思うけどな。

C  おい、アイツ正月依頼来てねーらしいぞ?

A  オイオイ、冗談だろ!?あれだけの依存症だぞ!?

B それがよ、新規店舗の奴らが正月アイツからしこたま追い込んだんだってよ!

A  追い込みなんていつもの事だろ、十万負けても翌日また来るやつだぞ!?

Cそれがさ、追い込み方がマズかったらしい。他の客には勝たせてアイツにだけはこれでもかってぐらいださなかったらしい。データベースの依存度合いS級だから、余裕だと思ったんだろ。

A  オイオイ、ウチのカモだそ!?

B いやうちだって相当なカモだったぜ。だからうちは割りと出してやってながーくガッツリ稼がせてもらってたのによ!!

C  とにかく、アイツが現れたらとにかく出せ!!一度だしゃーあいつの事だからまたこれまで通り、稼がせてくれるよ。まだまだ頑張って俺らに貢献してもらわなきゃな!

A そうそう!アイツがいるから新たな依存症作成の資金ができるってもんだよ!

B  そうそう、あとアイツの後ってよく爆発させて客も盛り上がるしな!早く戻ってきてもらわねーとな!

C まあ、お互いアイツが見せに来たら連絡入れてくれよ!あれだけの依存症はなかなかいねーからな!頼むぜ!

A  あと、きっかけになった新規店舗には依存症の扱いきっちりと教えねーとな!指導料込みで教育してやるわ。(笑)

B 頼むぜ!俺らの養分なんだから、大切にいただかなきゃな!(笑)

 

 

て事で、誰が行くかよ!!バーカ!!アホだアホだ!!

 

今日もまたスロット、パチンコ屋の期待に沿わない!店の横を薄ら笑いで軽蔑しながら通り過ぎる!

 

そしてこう呟く。

今日もまた、パチンコ、スロットに勝ってしまった!行かない事、語らない事が俺の勝利だ!!

 

この世から早くパチンコが無くなってほしいものだ!