中年サラリーマン パチンコ・パチスロ依存症からの脱出

40代のサラリーマンがパチンコ・パチスロの依存症から脱出するまでの軌跡を書き残します。抱えてしまった多額の借金!なんとかこれも返済する方法を含めて考えていきたいと思います。

ギャンブル依存症のカリスマ 貴闘力


スポンサードリンク

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6242596

 

この記事を見てほしい。

若貴世代の人なら知っている人も多いだろう。貴闘力とはとんでもないギャンブル依存症であった事は有名だ。

 

流石に一線級の力士だけあってその額も桁が違う!記事を見ると金額の大小こそ違えど依存症の症状はしっかりと出ている。

 

さてこれだけ著名な人が、依存症でしたと告白したところで、どう思うのか?

普通の人は馬鹿だなあ。勿体無いなあと思うだろう。

 

だが依存症である人間は違う。流石は力士!動かす額が違う!有名だからなんとかなるだろう。店を経営してるからなんとかなるだろう。そう思う。

 

違いが分かるだろうか?

依存症はバカだから、勝手に何とかなると想像する!貴闘力と言えども数千万の金は大金だ。彼もまた苦しんでいるが、まあ、どうにかなるんだろうと勝手に決めつける。

 

その努力やプロセスを考えようとしない訳だ。そしてこう思う。

一万の借金ならバイトして返す。

十万の借金なら友人や家族から借りて返す。

百万の借金なら時間をかけて返す。

一千万の借金なら全ての幸せと家族を捨てて返す。

 

億の借金なら諦める。

 

コイツラはなぜ借金を作ったのかを、よく考えない。運が悪かったとか、ちょっとずつ増えたとか、曖昧でちゃんと理解していない。

 

何ならギャンブルで奇跡が起こってチャラにできるかもと勝手に考えたりする。

 

そんなわけねーだろ!と、わかっちゃいるが、現実として受け入れられない。

結局は、依存症は頭の悪い、あまちゃんが陥るクズの成れの果てである。

 

普通に生きてたらそんな事にはならないのだが、想像できない。いやしたくない。誰かがなんとかしてくれると本気で思っている。

 

気がついたときには、手遅れだし、既に借金は凄いことになっている。

 

会社の経営に失敗したとか、騙されたとかなら同情もできるが、ギャンブルに負けて借金とか誰も同情なんてしない。依存症の俺でさえバーカとしか思わない。

 

自分の姿なんだがな。

 

子供達に夢を与えるスポーツ選手!

 

なりたい職業ナンバーワンのお医者さんや弁護士!会計士!

 

夢があるのは子供たちだけなのか?

 

依存症のクズにはクズの夢がある。億の借金を抱えて返す事ができれば、ゴミクズみたいな俺らにも夢が見れる。

 

貴闘力は今実際にどれだけ返して、どれだけ残ってるのか知らないが、借金にまみれちまった俺らから見れば彼はカリスマだ!

 

借金の額も、また未だに立ち直りきれない状況もすべてを失い前を向いているその姿勢も!

 

行動する事すらしない依存症がたくさんいる中で、彼は偉大なクズであり、カリスマである!

 

借金返済して俺らにも夢を与えてほしい。

 

苦しんでる人達に言いたい。

 

悪いのはあんた等じゃない。悪いのはギャンブルだ!