中年サラリーマン パチンコ・パチスロ依存症からの脱出

40代のサラリーマンがパチンコ・パチスロの依存症から脱出するまでの軌跡を書き残します。抱えてしまった借金総額280万円。なんとかこれも返済する方法を含めて考えていきたいと思います。

パチンコ、スロットは終わり30分に何故か当たる


スポンサードリンク

なぜかは分からないが、パチンコ、スロットあるある。


f:id:stopachinkoslot:20170529230816j:image

何故か終了30分前にあたりを引く、プレミアを引くなど、終わってほしい時に余計なレアな事が起こる。

 

そのくせ時間がたくさんある時には、いっこうに当たらない。レア役なんて引かない。当たらない。

 

そうか!わかったぞ!

急いで無心になれば当たるんだ!!昼前だが頭の中で終了一時間前を想像する。ここで終われ!もう続くな!!とむしろイライラしながら大急ぎで回す!するとどうだろう!?

 

全然当たらないのが、まさかの小役!レア役!おお!!速攻当たる!

この調子だ!と大急ぎで回し続ける!

 

だが、あっという間に終わる。そして飲まれる!同じシチュエーションを何度も何度も試した!焦燥感が当たりにつながると信じてひたすらに打ち続けた!

 

そして分かった!

あたらーねよ!遅い時間に当たるのは偶然!?もしくは店が仕掛けでもしてんじゃねーの?お前らがどんなに、あせろーと関係なくスロットはメダルを飲み込む!パチンコはたまを飲み込む。

 

結局は取り切れなかったと言うことで、悔しさだけが募る。そして翌日にリベンジしたくなる。だが当然昨日の残りがある訳もなく、今日はボロ負け!本当ならもっと出ていたはずという訳のわからん根拠と未練!

 

パチンコ、スロットという危険な遊びはしっかりと、依存症のハートをがっちりキャッチ!(笑)

 

何も変わらないし、ただお前らは負け続ける!気がついたときにはもう戻れない。

依存症は浅ーい考えで突っ走る!頭が悪いことを自覚しなきゃ!

 

全ては店の手のひらの上なんだからさ。(笑)