中年サラリーマン パチンコ・パチスロ依存症からの脱出

40代のサラリーマンがパチンコ・パチスロの依存症から脱出するまでの軌跡を書き残します。抱えてしまった借金総額280万円。なんとかこれも返済する方法を含めて考えていきたいと思います。

パチンコ依存症の問題点。狂う金銭感覚


スポンサードリンク


f:id:stopachinkoslot:20170619151725j:image

パチンコにどれだけハマっても犯罪さえ犯さなければ良いと言う考えは、間違っている。

 

依存症に限らないかも知れないが、一番の問題はお金が、無くなってしまうこと。

単に持っている金がなくなるだけなら良いが、借金してまでやってしまうのが問題。

 

子供の頃は借金なんてする奴は頭おかしいと思っていたが、まさかの自分がする羽目になるとは、、。

 

問題はそのやり方。まとめて100万円借りるのではない。一万円、二万円と、小出しにして長い期間掛けて百万円に達している。

要するに自分では大金を借りてると言う気がしていないのだ。

 

金持ち喧嘩せずと言うのは、金持ちにだけ当てはまるのであって、借金してる貧乏人には当てはまらない。

にも関わらず、ちょっと勝つとすぐ豪遊する。例えば、50万の借金があるのに、ある日10万勝った!喜んで借金返せばよいのに、依存症はこう考える。

 

取り敢えずこの10万は次なる戦いの資金源だ!今はついている勝ち方もわかっている!倍に増やせば20万!更に倍で、四十万円!借金なんてちゃらみたいなものだ!

 

だから10万で二万くらいは、買い物したり焼肉を食べてもヘーキだ!奢ってやろう!と、あっという間に三万四万と使ってしまう!

手元に6万残ってそれで勝負!のつもりが、いつもの負けパターン!

あっという間に、金はなくなりゼロになる。

 

依存症は金銭感覚がおかしいから、外食とかもヘーキでする。勝てば取り返せるからと買ったつもりでものを買い、すごい出費をする。そのくせ負けている事に気がついてもやめられない。

 

すべてパチンコ感覚で考えてしまうからだ。つまり例えば千円の買い物をする時に、メダル50枚程度か、、、。500枚出しゃごみみてーなもんだな。とかアホみたいに考える。らまあ、頭悪いから仕方ないけどな。

 

昨日三万負けたから千円、二千円なんてちっちゃいちっちゃい!!とか考えてしまうからだ。プロ野球選手並に稼いでいればそれでもいいかもしれないが(笑)

 

またパチンコや、スロットにはいからでも出すくせに、千円をケチり始めたりもする。妙に気になりだして、この千円で当たるかもしれないとかいいだす。

 

特に麻雀とかで千円でも負けると、パチンコじゃあたりもしない千円なのに、とんでもない負けた気分になる!

ゲーセンに行き、クレーンゲームとかでトラルまでやる!二千円で取れたとしても、パチンコで考えると大した投資じゃない。

 

あまりにも惨めで、余りにも愚かで、価値がない!これがパチンカスの成れの果て、依存症の姿だ。

 

ある日、親戚の子供にお年玉を上げるとき、5000円が高いと感じる。

そんな惨めな人間になった事に驚きと恥ずかしさを禁じ得ない。

 

死んだほうがマシレペルの恥ずかしさだ。そんな大人になりたかったのか?ガキの頃もうちょっとマシじゃなかったか?

 

悪いのは弱い自分と頭の悪い自分。そろそろ認めてすこしはまっとうに生きてみたら?

バカなりに考えたら良いと思う。(笑)